株主・投資家のみなさまへ
株主・投資家のみなさまへ

トップメッセージ

代表取締役社長 垣内一

株主のみなさまには、平素格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。

 当第2四半期連結累計期間のわが国経済は、政府や日銀による経済政策や消費税増税延期等の景気刺激策はあるものの、個人消費は依然として厳しく、また、年初から続く円高の進行により輸出企業を中心とした業績の不安定さが見られ、景気の停滞感が続きました。 一方、海外においては、米国経済は雇用や個人消費並びに企業業績も堅調に推移し、欧州においても緩やかな回復基調が見られるものの、英国のEU離脱問題による政治・経済の不安定要因を抱えています。アジアにおいては中国経済が消費・投資ともに減速傾向が続いており、その他のアジア諸国でも伸び悩む傾向が見られ、依然として先行き不透明な状況にあります。

 このような環境のもと、当社グループはアジア圏を中心とした成長市場における販売活動を強化するとともに生産体制の再構築を推進し、経営の効率化と一層のコスト削減に取り組んでまいりました。

 今後の企業を取り巻く環境は、海外経済は、米国経済が雇用環境や企業業績が堅調に推移する一方、欧州では英国のEU離脱問題による下振れリスクを抱えており、また、アジアでは依然として続く中国経済の景気減速影響により、その他諸国においても不安定な経済環境が続くと予想されます。国内では、景気回復の兆しは見られるものの、円高による輸出企業の停滞感は依然続くと見られ、加えて海外経済の不透明感により、今後も予断を許さない状況が続くものと予想されます。

 当社グループでは、このような状況にあっても最大限業績へのリスクを軽減すべく、当社グループ全体で一段と経営の効率化とコスト削減に取り組むとともに、柔軟な生産体制の確立と販売体制の強化並びに強固な財務体質づくりを推進いたします。また、次世代の産業分野のニーズに対応できる「高機能、高精密、高品質な製品づくり」を目指すため、引き続き研究開発体制の強化・充実を図り、業績の確保に努めてまいる所存であります。

 株主のみなさまには、今後とも一層のご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申しあげます。

  • 代表取締役社長 垣内一
ページトップへ